BLOG

海水は飲めば飲むほど渇きを覚える、富も同じようなものと新聞のコラムに書いてあるのを読んで、一度でいいから富を飲みすぎて渇きを覚えてみたいと思う僕です。今日から年末ジャンボ宝くじ発売。宝くじは買わなければ当たらない。
ご飯はどんな器でたべてますか?
僕は漆の器で食べてます。ご飯が冷めにくいので美味しく食べられるますよ。ご飯食べるなら漆の器。
冷たい雨に打たれて〜♫
今朝の出勤時につい口ずさんだのはユーミンの「冷たい雨」
今年も残りわずかになってきて街をさまよってるところではないので、気合い入れてがんばろうと思う月曜の朝。
朝晩ご冷え込むようになってきました。
気温が下がると漆の乾きも悪くなります。寒いと漆のご機嫌も悪くなるのか、これからは漆のご機嫌とりながら漆を塗る季節。
平安時代のこの日に文徳天皇の第一皇子 惟喬(これたか)親王が京都嵐山の法輪寺にて虚空蔵菩薩から漆の製法を伝授されたとするこもから、今日は、うるしの日。
新聞休刊日の朝を何かにたとえようと頭をひねってみたが「クリープを入れないコーヒーのようだ」のフレーズしか思い浮かばない、コーヒーはブラック派の僕。
今日も笑顔でいきましょう。
小春日和。行楽日和。と書いたところで頭の悪い僕はふと思いました。日和ってどういう意味?グーグル先生曰く「晴れた良い天気。何かをするのにちょうどよい天気」だそうな。
よし早起きして朝の時間を有効に使おうと昨夜決意を新たにした僕ですが、今朝は寝坊しました。まぁいいよね。気楽にいきましょう。
何かにつけ難癖をつけてくる人に、ついイラッとしてしまう未熟者の僕ですが、そういう人はなるべくスルーしていこうと思う金曜日。
今日もこころおだやかに。
漆塗りの仕事に使う道具を仕立てるための塗師屋包丁という刃物がある。昔から漆塗り職人の技量は塗師屋包丁を見れば分かると言われルナくらい、腕のいい職人は刃物手入れも怠らなかったそうだ。忙しいとつい刃物の手入れがおろそかになりがちだけと、たまには刃物を研がなあかんなと思う刃物の日の朝。

「出せば入る」とは、よく聞くことで、実際にそれを実感することもあったわけで、お金も出したら入ってきたこともあった。ということで、アレを買うためにお金使ったら、どっかからお金が入ってこないかなと調子のいいことを考える立冬の朝。